レジリエンス (Resilience)

困難に直面しても粘り強さと忍耐力を示すこと。自信を持って、ユーモアをもって困難に立ち向かうことができる。挫折にも前向きに対応し、それを学ぶ機会と捉えることができること。

自己認識 (Self-awareness)

学習のプロセスと自分の行動を振り返ること。長所と短所の両方を認識し、個人の成長に責任を持つこと。

開かれた視点 (Open-mindedness)

現代社会を構成するさまざまな信念、意見、文化に心を開くのと同時に自分の考えを貫く強さを持つこと。反対意見を持つ人を尊重して受け入れ、他者の視点を理解する知的柔軟性を持つこと。グローバルな視点を持ち、多文化社会に積極的に貢献すること。

親切心 (Kindness)

優しさや思いやりは、文明社会や幸福な地域社会に不可欠な要素であることを認識する。困難な状況にある人に対して思いやりを持って行動し、共感を示すこと。

コラボレーション (Collaboration)

協力して行動することが社会の中で重要なスキルであるという認識すること。より大きな利益をもたらすために他者と協力し、奉仕する。他の意見やアイデアに寛大で、自分のアイデアよりも他のアイデアの方が優れているかもしれないことを認識する能力を持ち、協力して学習すること。 

リスクを取ること (Risk-taking)

可能性に自信を持ち、想像力を働かせ、革新的なアプローチをすること。不慣れな状況でも精神的および肉体的に自分を追い込むことができる。好奇心と創造性をはっきし、新しいアイデアや機会を探求すること。

知的好奇心 (Curiosity)

好奇心旺盛で突き詰める姿勢を持つこと。 

野心を持つこと (Ambition)

将来のビジョンを持ち、その道を歩む決意と勇気を示すこと。

独立心 (Independence)

すべての行動において、自立性と臨機応変さを示す。 

誠実さ (Integrity)

誠実で信頼のおける社会の一員として、自分の信念を貫く強靭な人格を持つこと。物事がうまくいかないときには改善点を探し、失敗したときにはそこから学ぶこと。情報やアイデアの出所を確認し、知的に誠実であること。  

謙虚さ (Humility)

自分の強みや能力を自覚し、かつ謙虚な気持ちを持つ。マルバーン・カレッジの教育の特徴と利点を認識し、その機会を最大限に活用する一方で、全ての人が同じ利益を享受しているわけではないことを繊細さと謙虚さをもって理解すること。

マルバーンクオリティ

マルバーン・カレッジでは、生徒たちに以下のような資質を奨励し、育成することを目指しています。