出願期限

マルバーン・カレッジ東京は、願書を通年で受け付けています。

2023-24年度の願書は3期に分けて手続きします。

第1期(6月末~10月中旬):2022年12月中旬に合格発表
第2期(10月中旬~2023年1月中旬):2023年2月中旬に合格発表
第3期(2023年1月中旬~3月中旬):2023年4月中旬に合格発表

これ以降に提出される願書については、可能な限り速やかに処理します。
 

入学審査と面接

マルバーン・カレッジ東京での言語は主に英語ですが、日本語と日本文化をカリキュラムに組み込んでおり、日本語の授業を毎日受講することを生徒全員に義務付けています。初心者から上級者まで、様々なレベル向けのクラスがあり、生徒の語学力に応じてクラス分けしています。

審査形式
出願者は、審査や面接を通じて、英語カリキュラムに参加できる能力があることを証明する必要があります。

すべての審査は年齢に相応しており、生徒の学習スキルと認知能力の評価を目的とします。審査には面接があり、言語は英語で行われますが、日本語の補助が利用できます。審査の目的は、生徒それぞれの言語学習のポテンシャル、ならびにマルバーン・カレッジ東京のカリキュラムに参加して成果を得る能力を探ることです。

審査方法
幼稚園(8月31日時点での年齢が3-5歳)

  • 各種活動に取り組む観察セッションに参加していただきます。

 

Prep 1からPrep 3

  • 英語力、認知能力と運動能力、趣味や興味を知るための個人またはグループ面接を受けていただきます。その後、生徒と保護者に対する英語での面接を行います。必要に応じて日本語で補助します。

  • 提出可能であれば、過去の成績表の確認を行います。

 

Prep 4からFoundation Year 3

  • 英語の読み書き、非言語的・数量的推理力を調べるための年齢別のオンラインテストとライティング課題を英語で行っていただきます。その後、生徒と保護者に対する英語での面接を行います。必要に応じて日本語で補助します。

  • 過去の成績表も確認します。


マルバーン・カレッジ東京は、多様で多文化な学校づくりを目指しています。合否判定においては、当校の価値観と、入学希望者のご家族の価値観がどのように一致するのかを考慮します。このため入学審査においては、保護者と生徒との面接が必須です。最低1名の保護者/親権者のご参加をお願いしています。


言語と行動スキルに関する要件

以下に示す、年齢別の入学基準をご覧ください。

幼稚園(8月31日時点での年齢が3-5歳)
合否判定は、お子様が正式な学校教育に参加する心構えができていること、トイレに一人で行けること、教室の環境に馴染むことが可能であるという点にも基づいたものとなります。英語をまったく話せない、あるいは最低限しか話せないお子様の受け入れも検討します。

Prep 1-3

英語に堪能であることが望ましいものの、以下の条件も満たす場合は、英語力が最低限の生徒についても受け入れを検討します。

  • 年齢相応に成熟している

  • 教師が最小限補助するだけで、与えられた指示を理解し、実行できる

  • 年齢相応の課題を期限内に完了できる

  • 教師は、生徒の発達が、年齢相応の母国語能力、社会性、行動スキルに則したものであるとみなす

 

Prep 4-6
年齢相応の優良な(英語での)コミュニケーション能力および学力、ならびに社会性、行動スキルを有することが期待されます。英語力が基礎的な出願者であっても、強い学習意欲を示している場合、受け入れを検討します。必要に応じて、生徒の英語力強化のためにEAL(English as an Additional Language)サポートやクラス分けをすることもできます。


Foundation Year 1-3 
学習内容が高度化することから、中等教育での教科過程に取り組むために、十分な英語力を示すことが期待されます。確実にすべての学習活動に参加するには、年齢相応の(英語での筆記および口頭での)学力とコミュニケーション能力が不可欠です。

英語力が脆弱な出願者については、以下の場合に受け入れを検討します。

  1. ご家庭で英語学習を広く支援することができる場合

  2. EALまたはクラス分けプログラムによって、語学ニーズに対応できる場合

 

保護者が英語に堪能で、生徒の言語面と学習面の発達を十分に支援できる生徒を優先的に受け入れます。

学習強化 
マルバーン・カレッジ東京には、軽微から軽度の学習上のサポートを必要とする生徒の学習を支援する専門チームがいます。少人数のチームとして立ち上げますので、出願段階で全生徒を審査するものの、当校に該当生徒を完全に支援できるリソースがあるとみなした場合のみ受け入れます。

生活環境
マルバーン・カレッジ東京の運営は全日制で、寄宿施設はありません。生活環境は各家庭で整えてください。当校の安全保護ポリシーでは、生徒が最低一人の保護者または親権者と同居するよう義務付けていますのでご注意ください。短期間であっても、生徒が一人暮らしすることは許されていません。
 

合否判定

面接と審査の終了後、当校の入学審査委員が以下に基づいて合否を決定します。

  • 入学願書および直近の成績表等の補足情報(該当する場合)

  • 外部企業提供のオンラインテストの結果(Prep 4以降の学年への入学希望者)

  • 英語のライティングレベルを評価する独自のライティング課題の分析(Prep 4以降の学年への入学希望者)

  • 英語力(筆記および会話)の評価(Prep 4以降の学年への入学希望者)

  • 校長が定める入学基準を満たす能力

  • 課外活動なども含めた幅広い学校生活に貢献する能力と意欲(Prep 4以降の学年への入学希望者)

  • ご家庭の教育目標や信条と、マルバーン・カレッジ東京の理念や教育方針との方向性の一致

  • 当校の空き状況

  • お子様の年齢適格性 

  • 国籍、性別、英語力のバランス

  • 特に年少の生徒について、身体的、社会的成熟度

審査と合否判定